読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評というほど立派なものではないブログ

読んだ本について徒然と書いていきます。正直こんなブログよりも本の方を読んでほしいので内容には詳しくは触れません。書評というほど立派なものは書けませんが、軽い気持ちで楽しんでいただき、気が向いたら実際に本を手に取っていただければ幸いです。

英語できるようになりたい (鳥飼玖美子『本物の英語力』)

英語ができるようになりたくて本書を手に取ってみた。本書が言う英語力をつけるための方法は端的に言って「英語」を特別視するなということだろう。著者は「英語格差」に批判的な態度を取り、「英語が役に立つ」という現実への対応として英語を勉強せよと言う。

日本では義務教育や受験勉強で誰しもが英語に苦労する一方、ネイティブや帰国子女は全く苦労せず英語を操る(ように見える)。そのためため、「英語」というもの自体に対して何かしらの感情を持っている人が多いのだろう。本書の英語学習法はこの感情を捨てることから始まる。「英語」やそれを取り巻く人々に対する好悪の感情を排してみると、本書のあげる英語学習法の全ては説得力があるどころか当たり前のように思えてくる。

目的を意識して当たり前のことを当たり前にやることが英語の学習にも当てはまる、という当然のことを改めて気づかされた。

 

本物の英語力 (講談社現代新書)

本物の英語力 (講談社現代新書)