読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評というほど立派なものではないブログ

読んだ本について徒然と書いていきます。正直こんなブログよりも本の方を読んでほしいので内容には詳しくは触れません。書評というほど立派なものは書けませんが、軽い気持ちで楽しんでいただき、気が向いたら実際に本を手に取っていただければ幸いです。

将棋界だけじゃない(橋本崇載『棋士の一分 将棋界が変わるには』)

本屋に並んでいたのをつい手に取ってしまった。副題「将棋界が変わるには」が私の目を引いたのだ。将棋のルールや戦術を開設する本は昔から数多く存在する。また、将棋のプロ棋士の生き様や彼らが競い合う場である将棋界について書かれた本も最近は多い。しかし、ある種の企業としての将棋界のいわば経営の方向性について書かれた本は見たことがなかったからだ。もっとも、目立たないだけで今までもあったのかもしれないし、そもそもそのような本に需要があるのかという問題もある。将棋界を超えて有名な著者だからこそ本屋で目に留まるような場所に置かれていたのかもしれない。

 

本書は著者が将棋界に対して持っている問題意識をまとめたものである。しかし、本書を一読して感じたのは、これは今の日本社会そのものなのかもしれないということだ。AIの台頭により仕事が奪われるといったよく語られる話題にとどまらず、ベテランよりも若い人ほど今後長く将棋界にいるのだから将棋界の将来を真剣に考えなければならないという主張や、将棋界では将棋業界だけで全てが完結してると考えられているとの指摘、さらには将棋界を斜陽産業とした上で変えるべきものと守るべきものの見極めは、会社、さらには日本社会を考えるにおいて必要なことと殆ど変わらないように思われる。(そもそも著者の将棋界に対する見解が正しいかどうかは不明ではあるが)

 

組織としての将棋界の運営というきわめてニッチな話題でありながら、様々なことに通じる示唆を得られた本だった。編集者の目の付け所と著者の力量に敬意を表したい。以前から著者の指す将棋は好きだったのだが、著者自身の動向にも今後は注目してみたい。

 

機会があれば一度将棋バーも訪れてみたいと思わせてくれた一冊。(関係者でもない人が気軽に行けるところなのかはわからないが)

 

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)