読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評というほど立派なものではないブログ

読んだ本について徒然と書いていきます。正直こんなブログよりも本の方を読んでほしいので内容には詳しくは触れません。書評というほど立派なものは書けませんが、軽い気持ちで楽しんでいただき、気が向いたら実際に本を手に取っていただければ幸いです。

お金持ちになるには(ロバートキヨサキ『金持ち父さん 貧乏父さん』)

お金持ちになるにするべきことは何だろうか。いっぱい勉強していい大学に入っていい会社に就職することだろうか。それとも専門性を極めて高い報酬を得られるようになることだろうか。いや、お金持ちになるために最も必要なことは、お金持ちになる方法を身に付けることだ。身も蓋もない結論であるが、ほぼ同義反復ともいえるこの命題自体はある種の真理であろう。いい会社に就職することや専門性を極めることは、所得を高める確率を高めてくれるが、直接的にお金持ちになることを保証してくれるわけではない。

 

所得を増やす方法は単純である。収入を増やしてくれる資産(Assets)を増やし、支出を増やしてしまう負債(Liabilities)を増やさないようにするとよい。簿記や会計をかじったことのある人にとっては至極当然のことである。著者によると、殆どの夫婦の夢である「マイホーム」は支出を増やしてしまうため、「負債」であって「資産」ではないというのだ。確かにそういう一面はあるかもしれない。そういえば以前借金をこさえまくってマンションを買い家賃収入を得ているサラリーマン大家についてテレビでやっていたような気がする。うまくいけばお金持ちになれるのかもしれない。

 

確実に誰もがお金持ちになれる方法なんてないというのもまた真理であろう。しかし、本書のいうFinancial IQを高めることが重要なのは否定できない。お金持ちになりたいならお金持ちになる方法を身に付けることが肝要なのだ。それがなかなかうまくいかないのだろうが。

 

なお、本書は「いい本」ではなくて「売れる本」を目指して書かれ、それが見事に功を奏したものだとの指摘がある。私もそう思う。目的を直接的に追求する著者の姿勢こそ見習うべきものなのかもしれない。

 

 

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money--That the Poor and Middle Class Do Not!

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money--That the Poor and Middle Class Do Not!

 

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)