会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。

今週の読書(8/20~8/26)

また日曜の更新となってしまいました。

まあ気にせず書いていきます。

 

自由論 (光文社古典新訳文庫)

自由論 (光文社古典新訳文庫)

 

私の愛読書の一つ。訳が読みやすい。社会の中での自由、特に変な人の自由をなぜ尊重しなければならないのかというようなことが書かれている本。好きな本なのでいつか書評を書きたい。

 

冷戦が終わりこの後の国際社会はどのようななっていくのだろうか、というような議論が盛んだったころの本。冷戦とその後の国際政治(システム)に関する議論を大まかに検討した後、「中世」という枠組みを示したり日本についての展望を示したりしている。ハンチントンフランシス・フクヤマと読み比べてみたい。

 

ビットコインの宣伝本。ビットコインについて理解が深まるという感じではなく、ビットコイン取引をやってみようとなる感じの本。ビットコインのいいところをたくさんあげているが、必ずしも鵜呑みにできる内容ではない。

 

 

また気が向いたら更新します。