会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。

今週の読書(9/3~9/9)

なんか最近はブログに書くために本を書いているような気もしてきましたが、錯覚だということにして書いていきます。

 

 ①

入門マクロ経済学 第5版

入門マクロ経済学 第5版

 

 10年前の本なのでリーマンショック以降のことが書いていないのは少し残念でしたが、数式もわかりやすいものに絞って書かれているうえに数式を読み飛ばしても感覚的に理解できるように書かれているように思います。実例を交えた説明で門外漢にとっても読みやすかったです。

 

MBA100の基本

MBA100の基本

 

 ビジネスにおける心構えや考え方が100個簡潔にまとめられている本。これを読んだだけで何かが詳しくわかるというものではなく、とりあえず頭出しといったところかと思います。

 

 ③

 観応の擾乱を通じて室町幕府の政治体制の成立過程について書かれた本。観応の擾乱自体はさして面白いわけではないかもしれないが、それでもこの本は最後まで楽しく読めた。参考文献も載ってて室町幕府南北朝の入門書としていいのかもしれない。(もちろん専門家ではないのでよくわかりませんが)

 

中学生棋士 (角川新書)

中学生棋士 (角川新書)

 

 流行りに乗って出版された感じの本。

 

先週のブログで予告した通りマクロ経済学のテキストを読んでみました。来週はミクロ経済学を読もうと思います。読めるかはわかりませんが。

 

また気が向いたら更新します。