会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【徳島県】鳴門観光に行ってきた② ~ラーメンと謎の城~

鳴門公園を観光した後は鳴門の駅前に向かいます。

 

徳島といえば徳島ラーメンというものがあるらしく、ググったら「いのたに」というお店が有名ということだったので、行ってみることにしました。結構混んでいましたが、何とか入店することができ、オーソドックスなものと思われる「中華そば」と生卵を注文しました。

f:id:nuh_dl:20180617204008j:plain

見た目からはこってりしてる感じなのかと思いましたが、食べてみると意外とあっさりしていて食べやすく、とても美味しかったです。(なんか食べ物を表現する語彙が乏しいですね。すみません。グルメレポーターの修行をしたいと思います。いや、修行まではしませんが)

 

徳島ラーメンを食べて、なんとなく、妙見山というのを聞いたことがあったので、行ってみることにしました。近づくとお城のようなものが見えます。

f:id:nuh_dl:20180617204235j:plain

 

城は好きなので行ってみようと思い近づくと、長い階段が。まあ、お城に階段はつきものというか、階段があるだけましなので登っていきます。(というかここにポストあったんですね。写真で見て初めて気づきました)

f:id:nuh_dl:20180617204454j:plain

 

この日はすでに葉桜になっていましたが、お花見スポットなんですね。桜が満開な時期に来てみたいものです。というか基本的に有名な公園とかはお花見スポットなので、その時期に巡ることができないのは仕方がないことではありますが。

f:id:nuh_dl:20180617204703j:plain

 

階段をさらに登っていくと、下から小さく見えた天守閣らしきものが姿を現しました。

f:id:nuh_dl:20180617204855j:plain

 

この城の名はなんと、、、

f:id:nuh_dl:20180617205019j:plain

「トリーデなると」!

一国一城の令で取り壊された撫養城という城があったところに建てた記念館だそうです。名前の由来は鳥居龍蔵という鳴門出身の学者だそうです。私はこの鳥居龍蔵という人物を聞いたことがなかったのですが、そのような予期せぬ知らない歴史に出会えるのも観光のいいとろです。

 

トリーデなるとの中には、鳴門出身の偉人に関する展示などが行われていました。会議室などを借りて利用することもできるそうです。現在はもちろん城としての機能を果たしているわけではなく、街のシンボルとして、有事には防災拠点として使われるそうです。名前にはびっくりしましたが、よくある博物館ではなく直接市民に役に立つお城というのもいいのかもしれませんね。

 

もちろん高いところにあるので眺めもよかったです。晴れていると海が綺麗なんでしょう。この日は曇っていて残念でした。

f:id:nuh_dl:20180617205759j:plain

 

トリーデなるとのそばには神社もあり、先ほど述べたように花見もできそうな感じなので、地元の人には親しまれていることと思います。

 

この記事はラーメンとトリーデトリーデなるとのことしか書いていませんね。鳴門公園の記事と分けるかどうか迷ったのですが、まあ記事数を稼ぐために分けることにしました。記事数を稼いでも何にもならないとは思いますけど。

 

また気が向いたら更新します。