会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【鳥取県】白兎を観光してきた ~神話の里 白うさぎ~

鳥取砂丘を見た後は西へ向かいました。因幡の白兎(しろうさぎ)で有名な白兎(はくと)を目指します。

 

因幡の白兎の神話についてはググっていただければと思います。出雲大社のウェブサイトに詳しいです)

 

目指しますといっても特にドライブとかじゃないので山陰本線に乗るだけですけど。末恒駅で降りて30分弱山陰道を西に向かって歩いていくと、大国主命因幡の白兎の像が見えてきました。

f:id:nuh_dl:20180623133437j:plain

 

すぐそばには道の駅「神話の里 白うさぎ」があります。道の駅に電車と徒歩で来るなんて変な話ですけどね。まあ、末恒駅と白兎神社を徒歩で往復するのはなかなかしんどかったのでおススメしません。バスとかあるんですかね。(調べてみたらそもそも鳥取駅からバスで近くまで行けたみたいですね。リサーチ不足残念でした。)

 

道の駅では鳥取名物「すなば珈琲」も飲むことができました。特に奇をてらったようなコーヒーというわけでもなく、普通の美味しいコーヒーでした。土産物屋も繁盛していましたし、なんと本物の白うさぎもいました。写真を撮るのを忘れてしまいましたが。

 

道の駅のすぐそばには白兎神社があります。というか、ここには道の駅と神社くらいしかないんですけどね。まあちょっとした飲食店やコンビニもありましたが。右の方にある小屋では「うさぎ焼き」なるお菓子を売っていました。もちろんうさぎを焼いたものではなくうさぎの形をしただけのお菓子です。まあ美味しかったですが、うさぎを食べてるような気分になってしまいました。

f:id:nuh_dl:20180623133949j:plain

 

f:id:nuh_dl:20180623134114j:plain

 

階段を少し登って奥の方に行くと、小さな神社がありました。因幡の白兎の白兎神を祭っている由緒正しい神社だそうです。隣の道の駅も含めて観光客が多くもなく少なくもなく、そういえば外国人観光客が結構多かったような気もします。社務所ではうさぎの形をしたかわいらしいお守りも入手することができました。

f:id:nuh_dl:20180623134314j:plain

 

このあたりの海岸は白兎海岸といって景勝地としても有名だそうですね。下の写真にあるあたりが神話で白兎が渡って来た場所でしょうか。砂浜と日本海、そして島のコントラストが綺麗ですね。

f:id:nuh_dl:20180623134458j:plain

 

反対側にも綺麗な海岸線が広がっています。向こうの方には鳥取砂丘からも見えた鳥取港が見えますね。天気が良かったこともあって日本海が真っ青で綺麗です。(でもこっちの海岸は鳥取砂丘とは違って実はゴミがたくさん落ちていて、近くで見るとあまりきれいでなかったのが少し残念でした)

f:id:nuh_dl:20180623134618j:plain

 

駅から遠くて徒歩で行くのは疲れましたが、由緒正しい神社と美しい海岸線、道の駅も楽しかったのでとても満足です。しかし、鳥取県(市?)ってなかなか商売上手な感じですね。砂丘とかコナンとかを最大限生かして頑張ってますね。そっちの方も勉強してみたいものです。

 

また気が向いたら更新します。