会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【岡山県】岡山お城巡り① ~備中松山城~

私は最近観光が趣味みたいになっていましたが、正直言ってあまり観光地に詳しくありません。ある街に行っても正直あまり行くところを知らないので、とりあえずお城に行ってしまいます。西日本にはお城がある町が多いですからね。お城に行くとそれ自体が観光スポットなうえ、天守閣の中は簡単な博物館みたいになっていて地域の歴史を知ることができます。まあ、どこに行っても無難な観光スポットがお城なんですね。

 

岡山県は正直観光地がよくわからないのでお城巡りをしてみました。

 

まず目指したのは高梁にある備中松山城です。現存12天守の一つとして有名なようですね。私は岡山観光しようと思って初めて知りましたけど。現存12天守の中で一番高いところにある山城だそうです。

 

備中高梁駅からから北に向かって20分くらい歩いていくと搭乗口があります。街並みもきれいでいいですね。ただしコンビニがあまりないので駅前で買い物は済ませましょう。

f:id:nuh_dl:20180626193455j:plain

f:id:nuh_dl:20180626193509j:plain

 

天守まで1,500m。途中まではバスもあるようですが、とりあえず運動がてら登ってみることにしました。ジーパンとTシャツみたいなテキトーな格好で登っていたのですが、ただの山道で軽い登山になってしまいました。すれ違った人はみなさん登山ウェアみたいなのを着ていて後悔しました。

f:id:nuh_dl:20180626193831j:plain

 

登山道の途中には大石内蔵助が腰かけたとかいう岩もありました。大石内蔵助赤穂浪士の討ち入りの人ですが、他の用事で松山城にも来たことがあったそうです。

f:id:nuh_dl:20180626194112j:plain

 

途中で休憩しながらの登山だったので1時間弱かかってしまいましたが、ちゃんと登りきるとお城がありました。石垣はとても立派で、大河ドラマ真田丸」のオープニングで使われていたそうです。真田家は備中松山城とは特に縁はなかったような気もしますが。

f:id:nuh_dl:20180626194300j:plain

 

天守閣や二重櫓もなかなか立派なものでした。入場料を払って中に入ることもできました。例によってちょっとした展示もありました。地元のお茶のサービスみたいなものもあって、美味しかったです。美味しかったというよりも登山で疲れたのどを潤してくれました。

f:id:nuh_dl:20180626194823j:plain

f:id:nuh_dl:20180626195134j:plain

 

高梁が本丸や二の丸から町の方を見ると、高梁が山に囲まれた場所であることがよくわかります。今でこそ山の中の町というのは不便な印象ですが、昔は中国地方の軍事上の要地として様々な戦国大名らが松山の地を巡って争っていたようです。まあ、天守の展示物の受け売りなんですけどね。市街地が広がっているのもいいですが、このような眺めもこれはこれでいいものですね。

f:id:nuh_dl:20180626195417j:plain

 

私が見に行った本丸天守のほかに、さらに奥の方に大松山城址というのがあって、様々な城の跡地を見ることができるそうです。ぜひ行ってみようと思って奥に向かおうと思うったのですが、蜂がブンブン飛んでいて怖かったのでやっぱり行くのをやめました。大松山城址は山のさらに奥にあってそちらに向かう人は殆どいないみたいだったので、もし蜂に刺されて倒れてしまったらと思うと恐ろしい限りです。また、今度は誰かを連れて行ってみたいと思います。

 

高梁の街にはいろいろ他にも見どころは多そうでしたが、この日はお城巡りをする予定でしたので、お城だけ見て高梁を後にすることにしました。新見とか井倉洞にもいつか行ってみたいと思っているので、その時にでもまた高梁に寄ってみようかと思います。この日は備中高梁駅に戻って伯備線で岡山方面に向かいました。

 

 

また気が向いたら更新します。