会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【香川県】屋島を観光してきた② ~源平の戦いと瀬戸内海~

さて、屋島といえば屋島の戦いですね。源平の合戦のクライマックスの一つです。那須与一が有名ですね。

 

私が行ったのは山の方ですが、屋島にはいたるところに展望台があって、東側の展望台からは屋島の合戦地を見ることができます。右の方に源氏、左の方に平家が布陣したとかそんな感じだったはずです。

f:id:nuh_dl:20180630160430j:plain

 

平家が隠れていたといわれる湾が下の写真の真ん中の辺りにある湾だそうです。確かに右の方からくると丘に隠れて見えなくなりそうですね。よく考えたものですね。実際に源氏軍にはばれていたのでしょうか。しかし屋島から見ると平家の艦隊も丸見えですね。艦隊と呼んでいいのかどうかわかりませんが。船団というのが適切ですかね。

f:id:nuh_dl:20180630160713j:plain

 

下の写真の真ん中の辺りが那須与一が扇を射た場所と伝えられているそうです。今はかなり埋め立てられていて住宅地?になっているようです。

f:id:nuh_dl:20180630160856j:plain

 

那須与一について少し書こうと思ったのですが、具体的に何も書くことが思いつきませんでした。

 

さて、屋島は南北に長く伸びていて、今まで紹介した観光スポットは全て南の方にあります。北の方は北嶺といって一キロ以上歩いて行く必要があります。まあ、そちらの方はあまり観光スポットがあるわけではないんですけどね。

 

北嶺までの道のりは舗装されていて歩きやすいです。香川有数の観光地なだけありますね。こんな感じだとあっという間ですね。

f:id:nuh_dl:20180630161530j:plain

 

ところどころに展望台があっていずれもとても眺めがよかったです。こちらは高松の港とその周りの市街地ですね。駅前の高いタワーみたいなのが見えます。まあ、この日はあいにく天気が悪くて見えにくいですけど。後から知ったのですが、屋島から見る高松の夜景は絶景だとのことです。機会があれば今度は夜に行ってみたいですね。夜に山道を歩くのは怖いですけど。

f:id:nuh_dl:20180630161715j:plain

 

北嶺の北の方には遊鶴亭という展望台があります。瀬戸内海を見渡せる眺めの良い展望台で、天気が良ければ小豆島とかまで見ることができるそうです。この日はあいにく天気があまりよくなく、島はいくつか見えるもののどれが何の島か私にはよくわかりません。瀬戸内海の島々にも機会があれば行ってみたいですね。

f:id:nuh_dl:20180630162109j:plain

f:id:nuh_dl:20180630162106j:plain

 

この日は朝から屋島に行ったので、だいたいこれくらい巡ってお昼になりました。香川といえばやっぱりうどんですね。屋島にも食べるところはないわけではないのですが、バスに乗ってふもとにあるわら屋といううどん屋さんに行ってきました。この日もそこそこ並んでいましたが、うどんなので回転率がよいようで、すぐに食べることができました。地元の人が行くお店というよりは観光客のお店のような感じですが、古民家風で風情もあって、うどんもとても美味しかったです。

f:id:nuh_dl:20180630162619j:plain

 

屋島はなかなか良かったですね。水族館とか四国村もよいようなんですが、この日はなぜか疲れていたので、まあお目当ての古戦場が見れたのでよしとすることにしました。観光して余計に疲れがたまっても仕方ないですしね。

 

また気が向いたら更新します。