会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【香川県】観音寺を観光してきた① ~四国にある金運向上のパワースポット~

観音寺を観光してきました。観音寺(かんおんじ)市は香川県の西端にあって、予讃線愛媛県の少し手前にあります。なぜ位置の説明から入ったのかというと、私が行くまで観音寺がどこにあるか知らなかったからです。

 

独特な形をした三架橋

観音寺駅から北の方に歩いていくと、特徴的な橋があります。三架橋といって観音寺市のシンボル的な橋だそうです。橋って意外といろいろあって面白いですね。建築とかわかると面白いのかもしれません。

f:id:nuh_dl:20180708192933j:plain

 

琴弾八幡宮

橋を渡ったところに神社があります。まあ、上の写真も渡った後に撮ったものですけど。琴弾八幡宮ですね。私もこの日初めて知りましたけど。

f:id:nuh_dl:20180708193330j:plain

 

社務所とかはす先ほどの橋のぐそばにあるのですが、本殿(?)はそれなりに長い階段を登ったところにあります。

f:id:nuh_dl:20180708193743j:plain

 

階段を登る途中にはいろいろな神社(?)がありますが、あまり手入れはされていないように見えました。階段を登りきるとちゃんと神社がありました。

f:id:nuh_dl:20180708194105j:plain

 

金運向上のパワースポット、銭形砂絵

さて、ここからさらに進んでいくと車道に出ます。車でもこのあたりまで登ってくることができたのですね。さて、お待ちかね、観音寺観光の主目的がこちらです。

f:id:nuh_dl:20180708194432j:plain

 

銭形砂絵ですね。写真だと読みにくいですが、「寛永通宝」って書いてあります。江戸時代初期に藩主を迎えるためにつくられたものだそうです。藩主も展望台から見たのでしょうかね。スケールが大きくて海も見えてなかなかいい景色でした。この絵を見た人はお金に困らないという素晴らしいパワースポットだそうですね。夜にはライトアップもされるそうです。最初につくった人たちも400年近く後にまで観光名所になっているとは思わなかったことでしょう。

 

ちなみに近くまで降りた時の写真が下のものです。大きくて近くからでは全体像が分かりません。直径が100メートル近くあるようですね。展望台の辺りから見やすいように、縦と横で長さが少し違う楕円形になっているようです。なかなか作り込まれているんですね。トランシーバーとかもないので相当大変な工事であったことが伺えます。なお、立ち入り禁止となっていますが、足跡もちらほらあったような気が…

f:id:nuh_dl:20180708195204j:plain

 

地名の由来、観音寺

展望台から少し行ったところに観音寺がありました。市名にもなっているお寺ですね。四国八十八か所の一つでもあり、お遍路さんも何組かいました。

f:id:nuh_dl:20180708200146j:plain

 

本殿は重要文化財だそうです。由緒正しそうな建物ですね。まあ、実際に由緒正しいお寺なんですけど。四国には1300年くらい前からある由緒正しいお寺がたくさんあって、その多くが某所とは違って拝観料なしで観光することができるので、気軽にお寺巡りができていいですね。まあ、さすが八十八か所のお遍路が行われているだけのことはあります。

f:id:nuh_dl:20180708200244j:plain

 

観音寺には大きなクスノキもありました。いつ頃から生えているのでしょうか。少なくとも私よりははるかに長生きしていますね。こういうもの一つ一つから歴史を感じますね。

f:id:nuh_dl:20180708201028j:plain

 

なんか、観音寺の観光気は1記事で済ませようと思っていたのですが、写真をたくさん貼りすぎてしまったので、続きは次回に回そうと思います。まあ、一記事の長さとしてこれくらいがいいのかどうかもよくわかりませんけどね。

 

この観光地へのアクセス

・琴弾八幡宮 JR四国観音寺駅から徒歩約20分

銭形砂絵  JR四国観音寺駅から徒歩約25分

・観音寺   JR四国観音寺駅から徒歩約25分

(この情報は著者が旅行した時のメモをもとにしたものです。現地を訪れる際にはご自分で経路や所要時間を確認されることをお勧めいたします)

 

関連記事

・観音寺にはまだまだ見どころがありました

nuh-dl.hatenablog.com

 

・金運関係のパワースポットといえば、竹生島もそうでした

nuh-dl.hatenablog.com

 

 

また気が向いたら更新します。