会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【広島県】三原を散策してきた ~駅隣のお城 その2~

さて、福山城に続いてもう一つ駅前のお城に行ってきました。まあこちらは城跡ですけどね。駅前というよりは城跡をぶち抜いて駅がつくられた感じです。三原城ですね。

 

三原駅には三原城跡出口があって、そこから出た先は三原城天守跡です。駅と天守台が直通なんですね。そんなのここ以外にあるのでしょうか。まあ、私が知らないだけであるのかもしれないですけど。

 

原城小早川隆景によって築城されたとかですね。当時はこの付近まで海があって、三原城は海城だったそうですね。宇和島城みたいですね。そのあとは福島正則が来たり、江戸時代には広島藩の支城となったり、近代には軍事拠点となったりしていたようです。

 

もっとも、天守はもうなくて、ただの公園みたいになっているのですけれどね。三原城の歴史を説明する看板とかもありました。まあ、広くて眺めがよくていいところでしたね。

f:id:nuh_dl:20180921202705j:plain

 

天守台から外に出るには、一度三原駅に入って、三原駅の違う出入り口から出る必要があります。面白いですね。石垣と堀と同時に駅と電車が視界に入ります。なかなか斬新な景色ですね。

f:id:nuh_dl:20180921202717j:plain

 

なかなか大きな天守台でして、広島城天守6個分高の広さのようです。うまく撮れませんでしたが、天守台としてはかなり迫力がある感じだったと思います。

f:id:nuh_dl:20180921202729j:plain

 

近くには小早川隆景の像とかもありました。像の近くは隆景広場とか呼ばれているようです。どことなく安倍晋三首相に似ているような似ていないような。

f:id:nuh_dl:20180921202805j:plain

 

さて、三原城跡の見物はあっという間に終わってしまいましたので、しばらく三原を散策してみることにしました。

 

原城跡があるのは三原駅の北側ですが、メインの市街地は南の方でしたね。三原はタコが名物のようで、いろいろなところにタコがいました。

f:id:nuh_dl:20180921203027j:plain

 

三原駅から少し南に歩いていくと三原港があります。プロペラと錨が屋外に展示されていました。これらが三原の街のシンボルということでよいのでしょうか。

f:id:nuh_dl:20180921202934j:plain

 

フェリーターミナルはまるで駅の待合所みたいな感じでした。いろいろなところに行けるフェリーがあるんですね。昔海上交通の要衝だったころの名残でしょうか。

f:id:nuh_dl:20180921202948j:plain

 

近くには、キリシタン弾圧とかあった時代のキリスト教徒の少年の像とかもありました。この人が何者なのか、そしてこの像が何故ここにあるのかは、説明書きを読んでもいまいちよくわかりませんでしたが。

f:id:nuh_dl:20180921203000j:plain

 

少年の像の背景にあるのは、城っぽい石垣ですね。そうです。三原城関係の遺跡です。船入櫓と呼ばれていたもののようです。昔は海城でしたから舟が付いたりしたのでしょうか。そのあたりのことはよくわかりません。完全に街の中にありますが、意外と長いものが残っていました。

f:id:nuh_dl:20180921203013j:plain

 

三原はなんとなく城が駅のすぐそばにあって通るたびに気になってたので行ってみただけなのですが、まあ、散策するといろいろあって楽しかったです。

 

また気が向いたら更新します。