会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。 twitter:@nuh_dl

【東京都】奥多摩を散策してきた② ~多摩川と日原川の合流地点~

さて、奥多摩シリーズ第二弾です。普段自然豊かなところに観光に行かないのでどんな感じに書いたらいいかよくわからないのですが、まあ記事の質にノルマがあるわけではないので続けていきたいと思います。

 

この辺りは橋を渡るとだいたいきれいな渓谷の景色を見ることができます。渓谷といっていいのかどうかよくわかりませんが、川ですね。こちらは日原川だったと思います。

f:id:nuh_dl:20181106190034j:plain

 

ぐるりと回って奥多摩駅の方に戻ってきました。こちらには奥氷川神社という神社があります。日本武尊の東征ゆかりの神社だとか。拝殿か本殿かわかりませんが、建物の周りのスギが大きくてパワースポット的な雰囲気を醸し出しています。

f:id:nuh_dl:20181106190504j:plain

 

氷川神社の入口付近には面白いものがありました。大きな杉なのですが、根本は一本なのに途中から三本に分かれています。不思議ですね。文字通り三本スギとか言われているようです。

f:id:nuh_dl:20181106190823j:plain

 

氷川神社の脇の道を下っていくと、多摩川と日原川の合流地点に行くことができます。緑の川が多摩川で白い川が日原川ですね。色の違う二つの川が合流するのは不思議な感じですね。合流先は多摩川の色をしています。まあ、多摩川ですしそういうことなのでしょう。(写真手前から奥に向かって流れているのが日原川で、写真右から左に向かって流れていくのが多摩川です)

f:id:nuh_dl:20181106191336j:plain

 

このあたりはハイキングコースのようになっていて、歩いて渡ることのできるつり橋が二つだったかありました。

f:id:nuh_dl:20181106192208j:plain

 

二つの川の合流地点を河原に降りて見るとこんな感じです。左右で色が全然違いますね。違う流れが合流しているので波が立っています。

f:id:nuh_dl:20181106192559j:plain

 

近くの橋の上から見るとこんな感じでした。流れが合流する様子が真上からだとよくわかります。河原はキャンプをする人たちでにぎわっていましたね。自然の中でくつろぐのも気持ちよさそうでした。(私は一人で行ってキャンプ用具も持っていないのでただただ散策するのみでしたが)

f:id:nuh_dl:20181106193008j:plain

 

さて、多摩川と日原川の合流地点の近くに小さな山があったので、まあこれくらいなら行けるかと思って登ってみました。愛宕山とかいう山のようです。まあ普通の山道といった感じだったのですが、(といっても私は山登りをしないので普通の山道がこんな感じなのかもよくわかりませんが)途中で約200段の階段がありました。登るのはなかなか怖くて疲れました。(写真は撮り忘れました)

f:id:nuh_dl:20181106193505j:plain

 

愛宕山の頂上付近には、なんと五重塔がありました。なんでこんなところにお寺がといった感じですが、お寺ではなく戦没者追悼施設だそうです。

 

f:id:nuh_dl:20181106194511j:plain

 

また、五重塔だけではなく小さな神社もありました。もちろん愛宕神社です。まあそうですよね。

 

 

ここは気がたくさん生い茂っていてあまり眺めはよくなかったです。また、これより先に進むと本格的な登山コースらしいのですが、私は登山の準備も経験もありませんのでここで引き返すことにしました。

奥多摩の観光はまだまだ続きます。

 

また気が向いたら更新します。