会社員ぬーどるのブログ

ただの会社員が文章を書く練習のために特に脈絡もないいろいろなことをつらつらと書いていきます。本ブログは所属団体等とは無関係な個人の見解です。

今週の読書(10/8~10/14)

久しぶりに今週読んだ本を紹介します。

 

一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで

一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで

 

 一揆の概説書というよりも、一揆について原理的な考え方をまとめた本。中世から近世にかけて社会の中での一揆の重みはよくわからないけれど、人と人とのつながり一般について新たな見方を提示してくれる本。

 

ハプスブルク帝国 (講談社現代新書)

ハプスブルク帝国 (講談社現代新書)

 

 ハプスブルク帝国の通史。ヨーロッパ史は私は完全なる門外漢だけど、読み物としてただただ面白かった。

 

また気が向いたら更新します。

体力がない

ただの近況日記ブログになります。

しばらく体調が優れなかったのでほとんど本を読めていません。読書は自己投資だと思っていますが、それよりも体の方が大元の資本ですね。一応株式投資らしきものもしておりますが、資本家にはまだまだ程遠いので自分という最大の資本を大事にしなければなりません。

何故疲れたかというと、一週間に四回も飲み会があったからにほかなりません。さすがに週に四回も飲み会があると疲れますね。大学生のころと違って一晩寝ても疲れが取れません。二十歳過ぎたばかりのころはお酒もいくらでも飲めるような気がしましたが、最近はそうでもないですね。もう若くないと自分に言い聞かせて節度をもっていきたいですね。

二週間前のブログでNHKの講座で英語を勉強するんだとか言っておきながら、飲み会ばかりでやれていませんでした。今週から再チャレンジです。こちらも頑張らなければ衰えていく一方ですね。まあ、言うほど必要があるわけではないんですけどね。それよりも中国語とか韓国語を勉強してそれらの国に遊びに行った方が楽しいかもしれませんね。まあ、行動力のない私が外国に行くことはないでしょうけど。

なんとなく書きはじめましたが、たいした内容を思い付きませんでした。まあ、このブログ自体がただの文章を書く練習なので、内容がないことは問題がありません。

また気が向いたら更新します。

2017年9月配当収入

もう10月ですか。

月日が経つのは早いものですね。まあ、9月はそれほど配当金はもらえませんでしたけど。

 

2017年9月配当収入(1$=112円とする)

外国株からの配当収入(税引後):31.11ドル(約3,484円)

日本株からの配当収入(税引後):0円

 

今月も日本株からの配当金は0。日産自動車でも買ってみようかしら、と私の中の悪魔がささやいております。

8月の半分程度の配当収入しかありませんでした。来月はもっと少なくなることが予想されます。まあ、月ごとの増減はあまり気にしても仕方ないですけどね。前年同月を上回っていればそれでよいのです。まだ前年同月のデータはないんですけどね。

 

また気が向いたら更新します。

英語の勉強でもするか

就職してから2年以上が経ったが、雑用のような仕事ばかりしていてビジネススキル的なものが何も身についていない。というか、成長意欲的なものが全くなくなってしまっていた。環境に過学習してしまった感じですね。やはりもうそろそろビジネススキル的なものも身に付けていきたいという気がしてきました。定年までだれだらやっていくのもつまらなさそうですし。

 

また、ブログを始めて、ブログのネタにするために本を読んでいたのですが、やはり本を読むのは楽しいものですね。前にも書きましたが、勉強していきたいという思いはあります。何のためにということもありますが、ゆくゆくは大学にでも戻りましょうかねえ。

 

仕事に生かすにせよ学問の世界に戻るにせよ、英語ができるに越したことがないというのは事実だと思うので、まずは英語の勉強から始めてみましょうか。学生時代はTOEICで800点くらい取れてましたが、今ではもうそんなには取れそうにありませんね。

 

とりあえずハードルの低いところからNHKの英語講座でも聞いてみようと思い、テキストを買ってきました。ウェブサイトで聴けるようなので、放送の有無にかかわらず、今週はとりあえず毎日15分聴いていこうと思います。ブログに書いて宣言することで続くかなーという甘い考えですね。とりあえずやってみようかと思います。一週間後に結果をブログに報告しましょう。

 

まあ、勉強に限らず少しづつ生活や仕事への取り組みを改善して、敷かれたレールに戻っていきたいと思います。そもそも元々が敷かれたレールの上を走っていたのかもよくわかりませんが。ブログで宣言して実効性を高めていきたいと思います。続くかはわかりませんが。

 

また気が向いたら更新します。

 

 

 

今週の読書(9/17~9/23)

今週も仕事が忙しくてあまり本が読めませんでした。(言い訳)

 

現代日本経済 第3版 (有斐閣アルマ)

現代日本経済 第3版 (有斐閣アルマ)

 

 戦後の日本経済史の概説書。読みやすいですが、専門用語もちょくちょく出てくるので経済学の入門書の内容を頭に入れてから読むものです。

 

 ②

 いわゆるポピュリズムについて、その現在を大まかに説明した本。現代を中心にポピュリズムについてよい点悪い点双方に目を配りながら概説する。

 

また気が向いたら更新します。

今週の読書(9/10~9/17)

今週は仕事が忙しくてあまり本が読めませんでした。(言い訳)

 

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

 

 勧められたので読んでみましたが、シリーズものなんですね。知らずに読みましたがそこそこ楽しめました。

 

 キャリアに関する基本的な事項が解説された後、キャリアの初期に身に付けるべき基礎的な能力について説明される。

 

 

読みかけの本が何冊かあるので、来週読み終えてから紹介したいと思います。

 

また気が向いたら更新します。

今週の読書(9/3~9/9)

なんか最近はブログに書くために本を書いているような気もしてきましたが、錯覚だということにして書いていきます。

 

 ①

入門マクロ経済学 第5版

入門マクロ経済学 第5版

 

 10年前の本なのでリーマンショック以降のことが書いていないのは少し残念でしたが、数式もわかりやすいものに絞って書かれているうえに数式を読み飛ばしても感覚的に理解できるように書かれているように思います。実例を交えた説明で門外漢にとっても読みやすかったです。

 

MBA100の基本

MBA100の基本

 

 ビジネスにおける心構えや考え方が100個簡潔にまとめられている本。これを読んだだけで何かが詳しくわかるというものではなく、とりあえず頭出しといったところかと思います。

 

 ③

 観応の擾乱を通じて室町幕府の政治体制の成立過程について書かれた本。観応の擾乱自体はさして面白いわけではないかもしれないが、それでもこの本は最後まで楽しく読めた。参考文献も載ってて室町幕府南北朝の入門書としていいのかもしれない。(もちろん専門家ではないのでよくわかりませんが)

 

中学生棋士 (角川新書)

中学生棋士 (角川新書)

 

 流行りに乗って出版された感じの本。

 

先週のブログで予告した通りマクロ経済学のテキストを読んでみました。来週はミクロ経済学を読もうと思います。読めるかはわかりませんが。

 

また気が向いたら更新します。